リンパってどんなもの?(最終回)

以前のブログ投稿から時間が空きすぎました・・・(;_;

 

今回はリンパについての最終回

リンパを流すことについてお伝えしたいと思います。

 

前回、健康の為にもリンパを流すことが大切と書きましたが、

実は、リンパには自動的に流れてくれるわけではありません。

血液は心臓からのポンプのように送り出され、また戻ってきますが

残念ながら、リンパにはそうした器官がありません。

 

通常は筋肉の運動がリンパを刺激し、流れを促進しています、

その為、運動不足になるとリンパが滞りがちになってしまいます。

「夕方になると足がむくむ」これ典型的だと思います。

特に事務仕事されている方で常に座ったままの態勢でいると、

筋肉の運動の刺激を受けないので、むくむ=リンパが滞るになりますΣ(・ω・ノ)ノ!

 

健康を維持する為にも、適度な運動をされることをお勧めしますが、

なかなか運動できない人には、マッサージがお勧めです(^^)/

手のひらで体をさすってリンパを流すとともに、筋肉のコリがほぐれることで、

リンパがスムーズに流れるようになります。

 

特に、首、腋の下、足の付け根、膝裏にあるリンパ節(リンパ液の浄化するところ)が4大リンパ節と呼ばれ、

リンパ節がたくさん集合している部分です。

鎖骨のリンパ節もエステとかでは重要な箇所ですし、他にも肘とか、手首にもあります。

 

リンパは、体の末端から中心に流れているので、

心臓から遠いところから、各リンパ節に向けてマッサージを行うと効果的です(*^-^*)

 

当サロンでもハンドマッサージなど行っていますので

ご利用下さい(^^♪